頭金が少なかったのでほとんどローンで新築

頭金が少なかったので、中古住宅の購入も検討して中古物件も見て回りましたが、ローンが借りられることになったので思い切って新築に踏み切りました。土地を持っていなかったので、まずは土地を用意しないと建物を建てられません。ところが公共のローンは申し込みからお金が支払われるまでに一定の期間が必要なため、土地を購入するために、ひとまずつなぎ融資という形で銀行などから融資を受けて土地を購入する必要があります。私の場合は地元の地方銀行から融資を受けました。この融資を使って土地を購入し、また住宅会社への一回目の支払いをします。この後に建築開始となりました。その後公共のローンが支払われたので、そのお金ですぐにつなぎ融資の分を返済してしまいます。つなぎ融資には比較的高い手数料がかかりますので、つなぎ融資を借りなくても良いくらいの自己資金を用意しておくのがベストですね。私の場合はほとんどローンに頼りましたのでこのような形となりました。
自己資金が少なくローンで土地、建物の両方を購入する場合は、つなぎ融資と公共のローンの二本立てになる場合がありますので皆様ご注意くださいね。

相互リンク募集中|全身脱毛 どこがいい|相互リンク|ショッピングカート設置|ページランク別相互リンク集|PageRankExpolreオ|MY2-Link|相互リンク募集サイト|心の童話|オーディオ|女性の人生|童話集|SEO|V20|