住宅ローン自体について組むべきか組まざるべきか

住宅ローンを組む際に困ったことの一つとして、本当にこれだけの大きな買い物をこの年齢でしても大丈夫なのか?という事です。

おそらくほとんどの人が何千万円という借金を、即金で払うわけではなく、住宅ローン、いわゆる「借金」をして購入するかと思います。

それだけの大きな買い物は、やはり大きな決断力が必要になるため非常に困りました。

精神的な問題もあるため、こうすれば大丈夫、といった具体的な解決策はありませんが、もし家を購入しない場合を想像してみる、というのも良いかもしれません。

想像した結果、賃貸住宅に何年か住むことになり、その時の家賃数万円(十数万円?)は、何かを残すために支払うわけではなく、その月にその場所に住む家賃として支払う、保険でいうところのいわゆる「掛け捨て」のようなものです。

そうしたお金の支払い方に抵抗のある人は、同じお金を払うならローンを組んだほうがお得、という考え方にいきつき、ローンを組みやすくなるかと思います。

結局住宅ローンを組んだ人は全員同じような大きな決断を持って組んでいます。

自分一人だけではない、という事を自覚して積極的に住宅ローンについて考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 住宅ローン パーマリンク